MENU

ブログ BLOG

ゲート加工

date_range2021/4/04
金型
放電加工担当の小松崎です。

ゲート加工で出口径0.2mmの加工がありました。
本来なら下穴を開けて拡げるだけでいいのですが、0.2mm以下だと下穴を開けら
れないので、電極で形状を作って全て放電で加工しなければいけないのです。

そのため、1分位加工しては止め、電極とワークを洗浄しながら2日間、最終的に
電極10本作り直してやっと開きました。

しかし、試作の結果0.2mmでは大きすぎる、0.15mmにして欲しいとの注文が・・・。

φ0.15mmの穴となると、揺動を考えると電極の先端0.1mm以下になるので、すぐ
曲がってしまい大変です。

なので、0.15mmの穴が無事開いた時は、ちょっと嬉しかったです。
試作の結果も前回よりゲート残りが少なくなり良好でした。

そして成形品として最終的な結果が出ました。
インサート部品と成形した樹脂部の寸法がでていないとのことでゲートとは
関係ないところでまだNGでした。

え〜〜〜。

投稿者プロフィール

今岡スタッフ
今岡スタッフ
最新の投稿

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • TEL:0337565566
  • 会社概要
  • スタッフ紹介

今岡モールディングはこんな会社です

  • 代表ご挨拶
  • 会社概要
  • 創業ストーリー
  • 採用について
ページトップ